若ハゲの原因と正しい対策方法とは?

 

辛い若ハゲに悩む人は驚くほど

多いです。

 

 

誰もが好きでなっているわけ

ではないし、これまで、

ハゲの悩みとは無縁の人でも、

 

 

抜け毛が増えるということが

若ハゲの人には突然

起こります。

 

 

若ハゲとはいったいどのような

ことで起こるものなので

しょうか?

 

 

若ハゲの原因agaと正しい対策方法とは?

 

10代や20代、また、30代前半

の若い時期からハゲが気に

なりだしたら、

 

 

aga(男性型脱毛症)を

疑った方がいいかも

しれません。

 

 

agaとは、ハゲの最も多い

原因であり、強力な

男性ホルモンの働きにより

ヘアサイクルが乱れ、

 

 

抜け毛やハゲを引き起こす

症状を指します。

 

 

強力な男性ホルモンと聞くと、

なんだか性欲が強い男の

ように聞こえますが、

 

 

確かに、男性ホルモンが多く

分泌される性欲強い男の人は

なりやすいといえるかも

しれません。

 

 

若ハゲの原因agaを引き起こす衝撃の脱毛物質とは?

 

しかし、原因はそれだけでは

ありません。

 

 

性欲が強く、男性ホルモンが

多く分泌される人でも

若ハゲにならない人は

いくらでもいます。

 

 

なぜなら、男性ホルモンだけ

ヘアサイクルが乱れる

わけではないからです。

 

 

「テストステロン」と

呼ばれる男性ホルモンが

 

 

5αリダクターゼという酵素

と結びつくことで、

agaの症状が現れます。

 

 

男性ホルモンが5αリダクターゼ

という酵素と結びついて

できる物質は

 

 

dht(ジヒドロテストステロン)

という脱毛物質です。

 

 

10代20代の若ハゲの原因agaの発症数とは?

 

dhtは、テストステロンより

さらに強力な男性ホルモンで

あり、

 

 

このdhtの働きにより、

ヘアサイクルが乱れ、

脱毛を引き起こします。

 

 

agaの発症数は1300万人にも

上ると言われており、

もっとも多くの男性

悩む脱毛症です。

 

 

 

つまり、病気などによる

一時的な疾患による

脱毛以外は、

 

 

10代20代若ハゲの原因と正しい対策方法とは?

 

そのほとんどがagaによる

ハゲと考えても

おかしくありません。

 

 

その中でも特に若年性脱毛症

と呼ばれる「若ハゲ」は、

 

 

比較的若い頃に発症する

aga(男性型脱毛症)の

呼び方となります。

 

 

agaは進行性の脱毛症

あるため、何も対策を

しなけなければハゲは

進行してしまいます。

 

 

特に、若ハゲとなって

しまったあなたには、

早ければ30代でハゲ上がる

可能性もあります。

 

 

そのため、若ハゲには

早急な対策が必要なのです。

 

 

若ハゲの正しい対策方法でハゲ治す!

 

もちろんagaはできるだけ

発症させないようにケア

することとが大事です。

 

 

しかし、ひとたびagaが

発症してしまったら、

 

 

その進行を遅らせるように

継続的にケアしていくことが

何より大切です。

 

 

早急に適切な若ハゲ対策を

するには、まずはagaでは

ないかという状態を認識し、

 

 

若ハゲ対策に取り組む意思を

持つことが大切です。

 

 

若ハゲは辛いですが、同時に、

若いからこそ治すことも

可能です。

 

 

一度は絶望した、あなたの

若ハゲにしっかり向き合って、

正しい対策方法を

取っていきましょう。