20代、30代での若ハゲの原因とは?

 

最近朝起きると、抜け毛が

目に付くようなった。

 

 

シャワーをしているとやけに

頭皮が見えてドキッとしたと

いうようなことはありませんか?

 

 

それは、もしかすると若ハゲの

始まりかもしれません。

 

 

実際、私もこれまでは剛毛で

量も多く、いつも美容師に

あまりの髪の硬さと量に

嘆かれていました。

 

 

ハゲとは無縁と思ってこれまで

生きてきましたが、30代もすぎると、

突然薄毛と抜け毛の悩みが

やってきてしまいました。

 

 

突然若ハゲが進行する原因とはいったい

どんなものなのでしょうか?

 

 

辛すぎる若ハゲの原因が亜鉛?

 

薄毛や抜け毛の若ハゲの原因には、

加齢/ストレス/生活習慣/間違ったヘアケア

などによって、

 

 

髪の毛の成長が遅くなったり

細くなって切れ毛や抜け毛を

起こすことがあります。

 

 

そして、ある栄養素が足りない

ことで、すぐに髪の毛に影響が

出てしまうことが考えられます。

 

 

その栄養素とは亜鉛です。

 

 

薄毛や抜け毛の若ハゲと亜鉛の関係とは?

 

亜鉛が不足すると、カラダに様々な

健康上のトラブルが起こって

しまいます。

 

 

たとえば、味覚障害や免疫力の

低下や、男性の場合にはEDなど

もあります。

 

 

亜鉛不足は生命維持にも関わる

ような重大な影響を及ぼして

しまうほどカラダにとって

大切な栄養素なのです。

 

 

特に亜鉛不足で

最初に影響が出るのが髪の毛

なのです。

 

 

亜鉛は主に細胞分裂や再生に

役立ちます。

 

 

それは髪も同じです。

 

 

若ハゲに悩みたくない!でもどうすれば?

加齢やストレスによる薄毛、

抜け毛の増加による若ハゲは、

どうしても逃れられないもの

かもしれません。

 

 

さらに、若ハゲは進行性です。

ほうっておけば、頭は次第に

禿げ上がっていってしまいます。

 

 

しかし、これからの生活習慣は

変えられます。

 

 

若ハゲの進行を遅らせるには、

日々の生活でメラノサイトに

良い影響を与えるタンパク質や鉄、

 

 

 

そして特に亜鉛などを食事に

取り入れるよう心がけをすることが

大切です。

 

 

若ハゲ解消に必要な亜鉛の吸収率は30%程度しかない?

 

亜鉛が髪の毛に大切な栄養素で

あることはわかっているものの、

亜鉛は非常に吸収力の低い栄養素

であることを知っていますか?

 

 

亜鉛の吸収率は驚くほど低く、

なんと摂取した亜鉛の30%程度

しかカラダへ吸収されません。

 

 

ただでさえ、食事で充分な量の

亜鉛を補うことは難しいと

言われている中、

 

 

若ハゲの進行を止めるために

亜鉛を補う方法はどんなことが

あるのでしょうか。

 

 

※亜鉛の腸管吸収率は約30%前後*1
*1 出典:厚生労働省、日本人の食事摂取基準2015

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)があなたの亜鉛不足を斬る!?

牡蠣侍では、

“亜鉛含有量18mgのナンバーワン”

だけでなく、

 

 

吸収力を高める、こだわり成分を

ぎゅっとプラスしています。

 

 

なぜ牡蠣侍では

亜鉛の吸収率が高い

のでしょうか?

 

 

それは、動物性たんぱく質の最高級

「有機卵黄」を配合しているからです。

 

 

有機卵黄にはタンパク質の他、

ビタミンやミネラルも豊富に

含まれており、

 

 

体力や精力増強に有機卵黄の良質な

タンパク質と亜鉛は最高の組み合わせ

と言えます。

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)の驚異のハゲ対策とは?

 

ほかにも牡蠣侍の亜鉛をビタミンCや

クエン酸はと組み合わせることで

キレート作用という効果が発動し

細胞活性化を促進します。

 

 

さらに、キレート作用では血液の

流れを良くしてくれるので、

毛母細胞へより髪の毛の栄養を

届けることにもつながります。

 

 

また、ビタミンB6は亜鉛と共に

タンパク質の代謝を促します。

 

 

亜鉛とビタミンB6を同時に摂る

ことで、新陳代謝を促し、

牡蠣侍の亜鉛成分の働きを強めて

くれます。

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)でハゲから若々しさへ

一般的に、現代人の食生活で、

1日に必要な十分な亜鉛を

摂取することは難しいです。

 

 

例えば、亜鉛を最も多く含むと

言われる牡蠣でも、

吸収率まで考えると1日当たり

18個を食べる必要があります。

 

 

それを毎日食べるとなると、

現実的には難しいでしょう。

 

 

そこで、日本の亜鉛不足問題は

牡蠣侍で解決するのがおすすめです。

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)では、

ただ成分を入れるのではなく、

「組み合わせる」ことで

 

 

成分の効果を増強させることに

力を入れています。

 

 

 

若ハゲ対策に食事だけでの亜鉛補給は現実離れ?

 

1日に必要な亜鉛の量は、

成人で15㎎と言われています。

 

 

そして、亜鉛は吸収率の低い

栄養素と知られていますが、

その吸収率はおよそ30%程度

しかありません。

 

 

そのため、実際に食事から必要量

を摂るとなると、牡蠣では18個、

納豆では15パック必要という計算

になります。

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)は亜鉛吸収力まで計算済み?

 

牡蠣侍(かきさむらい)の

亜鉛含有量は業界トップクラスの

18㎎です。

 

 

食事だけで補うことが難しい亜鉛

を牡蠣侍(かきさむらい)なら、

手軽に補給することができます。

 

 

また、亜鉛の吸収率をたかめるため

には、動物性たんぱく質と一緒に

摂ることがよいことがわかっています。

 

 

亜鉛含有量の多い亜鉛サプリは

ありますが、吸収率まで考えられた

亜鉛サプリは牡蠣侍(かきさむらい)

の他に見当たりません。

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)は食材で実現できない低コスト

 

牡蠣侍(かきさむらい)の定価は

1袋1ヵ月分で5,980円です。

 

 

5,980円の亜鉛サプリ

牡蠣侍(かきさむらい)は

コストとして高いのでしょうか?

それとも、安いのでしょうか?

 

 

例えば、スーパーの牡蠣の相場は

5~6粒入って400円程度です。

 

 

それを毎日食べ続け、30日で

計算すると牡蠣だけで36,000円も

かかってしまいます。

 

 

また、納豆でも1ヵ月にすると

15,000円もコストがかかります。

 

 

食事として食べるなら、

毎日その量はとてもではないけど

飽きてしまってかえって

ストレスが増してしまいそうです。

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)今だけ割引キャンペーン中!

 

毎月先着300名で、

初回の一袋に限り5,000円引きの

980円で牡蠣侍(かきさむらい)

をお試しすることができます。

 

 

仮に、牡蠣侍(かきさむらい)が

合わないなと思ったら、

メール一本で解約できるので、

 

 

それ以上の費用がかかることは

ありません。

 

 

牡蠣侍(かきさむらい)の

お得なキャンペーンはここから、

今だけのチャンスです。

 

 

若ハゲ対策に亜鉛を試してみたい

人に牡蠣侍(かきさむらい)を

おすすめします。

 

 
⇒【牡蠣侍口コミ】射精で消費量が増える亜鉛を補給できる?