射精で亜鉛を出すことが若ハゲの原因とは?

若ハゲの最も多い原因はagaです。

 

 

一方、特に10代や20代には、

思いもしなかった抜け毛の原因が

あります。

 

 

それは射精で精液を出すことです。

 

 

なぜなら精液には髪の毛の成長に

欠かせない亜鉛が多く含まれ

いるからです。

 

 

なぜ亜鉛が不足すると若ハゲの

原因になるのでしょうか。

 

 

射精で出る亜鉛が髪の成長に欠かせない理由とは?

髪の毛の成分の90%はタンパク質

のケラチンで作られています。

 

 

タンパク質が髪の毛の成分ケラチン

になるときに亜鉛の働きが必要

なのです。

 

 

タンパク質は亜鉛と関わることで、

ケラチンになり、髪の成長と

なります。

 

 

そのため、亜鉛が不足することで、

いくらタンパク質という材料が

あっても髪は育たないのです。

 

⇒【驚愕】亜鉛不足が辛すぎる若ハゲの原因!?

 

 

オナ禁で髪が生える衝撃の理由とは?

あなたは一日何度射精をしますか?

 

 

10代や20代での1日の亜鉛の

推奨摂取量は9㎎と言われています。

 

 

そして、一度の射精で出る亜鉛の

量は一般的に3㎎と言われています。

 

 

これには個人差があり、特に精液の

量が多い人では7㎎もの亜鉛を

一度の射精で出してしまう人も

いるようです。

 

 

すると、1日に推奨されている

亜鉛摂取量の80%ほどが一回の

射精で出てしまっているという

ことになります。

 

 

さらに、1日に数回射精するような

10代や20代前半の時には、

その量はさらに増えます。

 

 

このことから、オナ禁で髪が生える

ということが言われている所以に

なります。

 

 

射精で出る亜鉛が生命活動に重要な効果とは?

亜鉛は細胞分裂に大きく関係する

必須ミネラルであるため、

細胞分裂が頻繁な男性器や髪の毛

などに最もおおく存在しています。

 

 

男の人のケースでは精子を作る

材料にもなっているため前立腺に

大量に存在しています。

 

 

カラダを構成する細胞には

ミトコンドリアという極小さな

器官があります。

 

 

このミトコンドリアは炭水化物や

脂質、タンパク質から生命活動に

必要なエネルギーを生み出す働き

を持っています。

 

 

このミトコンドリアによる

エネルギー産出の代謝には、

亜鉛が使われるのです。

 

 

つまり、亜鉛はカラダ全身の

細胞にとって無くてはならない

ミネラルなのです。

 

 

射精して亜鉛不足になることで起きる症状とは?

そんな、必須ミネラル亜鉛が

不足すると様々な悪影響が

カラダに起きてきます。

 

 

代表的なところだと、皮膚の老化、

脱毛、男性機能の低下、免疫力の

低下など、

 

 

生命活動の根本に

かかわる重大な症状を

引き起こします。

 

 

その一方で、亜鉛はミネラルの

中でも特に欠乏しやすい栄養に

なります。

 

 

腸での吸収の割合もおよそ

30%前後とかなり低いため、

積極的に摂っていく姿勢が

必要です。

 

 

食事で射精で出た亜鉛を補給する方法とは?

食品の中で最も亜鉛を多く

含むものは牡蠣ですが、

1日の推奨量を食べるためには

 

 

牡蠣を毎日6個ほど食べ続ける

必要があります。

 

 

牡蠣を日常的に食べられる

環境では問題ないですが、

多くの場合は欠乏しやすいです。

 

 

そのため、手軽に亜鉛を摂取

できるサプリメントという方法

が有効です。

 

 

たった数百円で辛すぎる若ハゲとオナ禁を解消する方法とは?

サプリメントにもさまざま

ありますが、亜鉛サプリは

数あるサプリメントの中でも

 

 

最もお求めやすい価格帯で

購入できるサプリメントと

なっています。

 

 

牡蠣を毎日食べるのは大変ですが

1日わずか30円で、

 

 

1日の亜鉛の推奨摂取量を

毎日摂取することが

サプリメントでは可能です。

 

 

辛すぎる若ハゲとオナ禁の悩みに

亜鉛サプリを試してみるのは

いかがでしょうか。