プロペシアとミノキシジル効果なしで副作用が出る

日本で認められている育毛医薬品はプロペシアとミノキシジルの2つだけです。

ハゲの悩みに育毛剤やサプリメントなど数多く開発されていますが、それらは医薬部外品

いう扱いになります。

育毛医薬品、つまり薬として公式に認められているため、発毛効果は確実に存在します。

一方、その強い効果は副作用を伴うことでも知られており、使用に際しては医師の診断が必要になります。

薄毛対策にプロペシアは脱毛を抑制する効果がある

しかし、いくら育毛医薬品といっても効果が現れない人もいるようです。

プロペシアとミノキシジルの効果を感じられなかったという人にはどのような特徴があるのでしょうか。

そのためには、まずプロペシアとミノキシジルの効果を知る必要があります。

プロペシアの効果はaga(男性型脱毛症)の原因であるdhtの生成を抑制します。

dhtの生成には男性ホルモンであるテストステロンが5aリダクターゼという酵素と反応することで起こります。

プロペシアはこの5aリダクターゼの働きを抑える効果があるため、agaの原因dhtの生成を

抑え、脱毛抑制効果が期待できます。

薄毛対策にプロペシアの効果を実感するには半年の時間が必要

つまり、プロペシアを服用することは、抜け毛を止めるということに繋がります。

髪の成長にはヘアサイクルが関わっています。

そのため、1ヵ月で成長する髪の長さは多くて1㎝です。

プロペシアに関わらず育毛剤の効果を実感するには最低半年はかかることを事前に理解する必要があります。

そして、プロペシアを1年間使用した際の調査では、半数以上が「髪が増えている」と答え、残りのほとんどが「増えてはないが、減ってもいない」という答えをしています。

ハゲが進行したという人はわずか2%に過ぎません。

プロペシアが効かない5aリダクターゼの型がある

ここで、問題なのは、効果が保証されているプロペシアでも効果なしの人がいるということです。

医薬品として認められているプロペシアを服用しても効果が現れない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

プロペシアの効果はagaの原因であるdhtを抑制するため5aリダクターゼの働きを抑えるとありましたが、実は細かくみると、5aリダクターゼにも2種類あることが分かってきました。

M字ハゲとおでこの後退にはプロペシア効果なし

1つは1型5aリダクターゼと呼ばれるもので、主に前髪や生え際のハゲを進行させる酵素です。

具体的にはM字ハゲやおでこの後退などが挙げられます。

そして、もう1つが2型5aリダクターゼと呼ばれるもので、主に頭頂部のハゲの進行に関わっています。

そして、プロペシアの効果は2型5aリダクターゼのみに効果があるということが分かっています。

つまり、頭頂部のハゲには効果が期待できる一方、M字ハゲやおでこの後退には効果はなしということです。

これは、プロペシアの主成分であるフィナステリドという成分の働きによります。

⇒フィナステリドの効果についてさらに詳しく見る

頭皮の血流を改善するミノキシジル驚愕の効果

ミノキシジルの効果は血管拡張作用により血流を改善して、髪の毛の根っこにあたる毛母細胞に栄養を運び活性化します。

その結果、発毛効果が促進されるというものです。

ミノキシジル配合の育毛剤といえば、大正製薬のリアップが有名です。

血管拡張作用なので、プロペシアのように薄毛の原因を止める効果というより、積極的にハゲたところに髪を生やしていくという効果が期待できます。

そのため、20代や30代の薄毛対策というよりも50代や60代の壮年性脱毛症の人により効果が期待できます。

ミノキシジルを服用するミノタブの副作用

また、ミノキシジルの最も効果的な使い方はミノキシジルタブレット(ミノタブ)の服用です。

しかし、ミノキシジルは外用薬としては国から医薬品として認められていますが、ミノタブは医薬品としては認められていません。

それは、ミノキシジルタブレットの強い副作用によります。

プロペシアもミノキシジルも効果は期待できる一方で、それぞれに副作用の危険性も伴います。

⇒ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の副作用についてさらに詳しく見る

プロペシアとミノキシジルは併用することで効果と副作用のリスクが増す

プロペシアとミノキシジル単体での使用で副作用は10%以下の発症率ですが、プロペシアとミノキシジルを併用することで副作用の発症率はさらに高まります。

具体的には精力減退や男性機能の低下などがあり、また、服用を止めたとしても後遺症として残ってしまうケースも報告されています。

プロペシアとミノキシジル衝撃の購入法とは?

また、プロペシアは処方してもらうのにおよそ10,000円ほどかかります。

そして、ミノキシジルタブレットは日本では販売していないため、購入する際は個人輸入という形を取ります。

製造元の国や輸送で人の手をいくつもわたることで、まがい品を手にすることも少なくないようです。

ミノキシジルタブレットを購入する際には、よくよく安全性を確認することが必須です。

効果ありすぎて危険!フィンペシアとミノタブを併用する驚愕の副作用とは?

若ハゲ対策には安全に継続できる育毛剤がおすすめ

育毛剤はその使用を止めるとすぐに元の状態に戻ってしまいます。

そのため、育毛剤を選ぶ際には安心して使用でき、また続けられるということが最も大切な要素です。

高い効果を期待できる上に、副作用の心配なくコスト的にも続けやすい育毛剤とサプリメントは記事下の育毛剤ランキングで紹介しており、期間限定キャンペーンも行っているのでチェックしてみてください。