ミノキシジル(ミノタブ)とフィンペシアでは若ハゲ対策出来ない!

若ハゲが辛すぎる…。

この薄毛をなんとかしたい!といつも悩んでいました。

若ハゲに気づいてからというもの薄毛を解消するために髪の毛に効くということはほとんど試してきました。

その結果、少し時間はかかったのものの、今ではあの辛かった若ハゲの悩みからも解放され、フサフサに生えてきた髪の毛で毎日髪形を整えられるようにまでなっています!

私の体験談の中でも薄毛対策の中で最も効果をすぐに感じられたものは育毛医薬品である薬による発毛でした。

日本国内での育毛医薬品として認められている薬にはプロペシアとミノキシジルがあります。

AGAクリニックに通うようになるとこの2つの育毛医薬品を処方され発毛治療を行うようになります。

ただ、AGAクリニックに通って発毛治療するのは効果はすぐに現れやすいものの時間も高いお金もかかるので継続するのが難しい…。

さらに、通うのを止めた途端に薄毛の進行がもとに戻ってしまいました。

そこで、自宅で簡単にでき続けやすい薄毛対策はないのかとネットなどで情報を集めているとプロペシアとミノキシジルと同様、いえ、それ以上の効果が期待できる上に値段も遥かに安い薬を見かけました。

それがミノタブフィンペシアです。

しかし、ミノタブとフィンペシアの使用には高い効果が期待できる一方で強い副作用が伴う危険性があることも分かりました。

結局、ミノタブとフィンペシアは使用することはなく、最終的には育毛剤の使用による自宅での薄毛ケアで育毛し、若ハゲを克服することができました!

安易に安くて効果が期待できるからと言ってミノタブとフィンペシアを使用しなかったことは結果的に良い判断だと振り返っています。

そこで、この記事ではミノタブとフィンペシアの効果と副作用について詳しく紹介し、私と同じように薄毛で悩んでいる人の悩みを少しでも解消出来るよう、最後にはおすすめの薄毛対策方法をランキングでまとめています。

仮にも、ワカメを食べるだけで髪が生えるとか都市伝説的な方法は経験上ほとんど効果がないのでおすすめしません。

 

⇒危険性もなく、絶望していた若ハゲを改善してくれた育毛剤はこちらにまとめています!

 

ミノタブとフィンペシアによる2つの若ハゲ改善効果!

薬の中でも特に服用するものが最も効果が高いと言われています

その中でも、ミノタブとフィンペシアの効果は「髪を生やす」ということにおいて高い効果が認められています。

フィンペシアには脱毛の原因に働きかけ、抜け毛を止める効果が期待できます。

また、ミノタブには血管拡張作用により頭皮の血流を改善しこれまで栄養が行き届いていなかったハゲた部分の毛母細胞へ栄養を届けます。

その結果、毛母細胞が活性化し発毛作用を起こします。

ミノタブとフィンペシアvsプロペシアとミノキシジルを比較!

なんだか、どこかで聞いたことのある効果のような気がしませんか?

そうです。

ミノタブとフィンペシアの効果はミノキシジルとプロペシアの効果と同様と言えます。

プロペシアとミノキシジルは日本でこの2つだけ、国から公式に認められている育毛医薬品です。

すでに日本には育毛や発毛には国からも公式に認められている育毛医薬品であるプロペシアとミノキシジルというものがあるのです。

しかしながら、現在でも育毛剤や発毛剤は数多く開発されています。

すでに効果の認められた育毛医薬品があるのならミノタブやフィンペシアは必要ないのではないでしょうか?

それでは、そのような状況でも製造されている「ミノタブとフィンペシア」と「プロペシアとミノキシジル」の違いについて詳しく見ていきたいと思います。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックではない!

フィンペシアとプロペシアの違いについてよく言われるのが、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品?というものです。

フィンペシアもプロペシアも主成分はフィナステリドという脱毛抑制成分です。

しかし、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではありません。

なぜならプロペシアの製造元であるアメリカでの特許はまだ切れていません。

そして、フィンペシアはインドで独自に生産されているものです。

しかし、プロペシアとフィンペシアの効果と価格を比べるジェネリック医薬品にとても良く似ているのでそういわれていることが多いようです。

フィンペシアはプロペシアに比べ驚くほど価格が安い!

フィンペシアもプロペシアもagaの原因であるdhtの生成を抑えるために5aリダクターゼの働きを抑えるという効果は変わりません。

しかし、価格においては、プロペシアが1か月分で10,000円近くするところを、フィンペシアはその5分の1程度で購入することができます。

そのため、費用を抑えてハゲの対策をしたいと考えている人にフィンペシアの使用を勧めている人もいます。

ミノキシジルとミノタブ(ミノキシジルタブレット)の使い方と値段を比較!

ミノキシジルとミノタブについては外用薬か内服薬かという違いです。

ミノキシジル配合育毛剤で有名なリアップでは1ヵ月およそ7,000円ほどで購入できます。

一方、ミノタブでは1ヵ月2,300円~3,300円ほどで手に入れることができます。

「フィンペシアとミノタブ」と「プロペシアとミノキシジル」の価格を比較すると1ヵ月当たりだけでも13,000円程度プロペシアとミノキシジルの方が高い価格になることがわかります。

これだけ費用に差があるのならプロペシアとミノキシジルを購入しようとする人はいないのでは?と思いますよね。

実はそこには驚きの理由がありました。

ミノタブとフィンペシアは育毛医薬品として認められていない!

これほど安く手に入るミノタブとフィンペシアですがどちらも現在日本では育毛医薬品として認められていません。

そこには、確かに「毛を生やす」効果が期待できる一方で安全性については確実に保証できるものではないという点があるのです。

そのため、ミノタブとフィンペシアは日本国内では購入することはできません。

海外からの個人輸入という形での購入になります。

いくら毛が生える効果が期待できるとしても、これだとちょっと心配になってしまいますよね。

さらに、ミノタブとフィンペシアには副作用も確認されています。

せっかく髪が生えたと思たら、精力減退や男性機能の低下など副作用を伴う場合もありまた後遺症として残ることも報告されています。

使うな危険!ミノタブとフィンペシア驚愕の副作用!

また、ミノタブとフィンペシアを使用することで確かに髪の毛も生えるのですが髪の毛以外にも全身の体毛が濃くなることが確認されています。

たとえば、顔全体に毛が生えてきたり、これまで身体に生えていなかった部分に毛が生えてくる「多毛症」とよばれる症状を引き起こすこともあります。

そして、どちらも個人輸入での購入になるということで製造から発送、運搬まで不確かな部分もあります。

日本で育毛医薬品として認められていない背景には、これら副作用まで含めた効果を保証できていないということもあるのかもしれませんね。

そのため、ミノタブとフィンペシアを使用の際には相応のリスクがあることを知っておく必要があります。

⇒取り返しつかない?!フィナステリド戦慄の副作用とは?

 

⇒ゾッとするほど怖い!?恐るべきミノキシジルの副作用とは?

 

若ハゲ対策にはミノタブとフィンペシアよりも育毛剤がおすすめ!

そして、これらミノタブ・フィンペシアなどの育毛剤は続けている分には効果を実感できるものの、使用を止めた途端に元の状態に戻ってしまいます。

若ハゲの原因と正しい対策方法としては安全性が高く継続しやすいものが結果的には最も効果を実感できます。

そこで、多くの人が使用しているのが医薬部外品の育毛剤です。

高い効果を実感しやすい上に副作用の心配はほとんどありません。

また、価格も育毛剤とサプリメントのセットでも1ヵ月10,000円を下回る価格で続けることが出来ます。

若ハゲを本気で治したい人には安易に安く安全性の保証がない外国製の薬を使うよりも、カラダの健康と髪の育毛の両方を考慮した育毛剤とサプリメントの併用をおすすめします。