性欲が強い人ハゲと弱い人ではどちらが長生きか?

 

ハゲは何かと立場が弱いです。

 

 

ハゲているだけで女性からは

毛嫌いされたり、ハゲていると

いう第一印象だけで損をすることも

少なくありません。

 

 

しかし、ハゲにもいいところが

あります。

 

 

それは、性欲の強いハゲは

長生きするということです。

 

 

性欲の強いハゲが長生きできるとは、

いったいどのようなことなのでしょうか。

 

 

性的興奮が少ない人は死亡率が高い!?

 

ある研究では、一カ月に1度も

性的興奮がないグループと、

 

 

1週間に2回以上の性的興奮がある

グループの10年後の死亡率を

調べたものがあります。

 

 

結果は、1週間に2回以上の性的興奮

があるグループの死亡率はもう一方と

比べて、半分しかなかったということ

です。

 

 

性欲は男性ホルモンの分泌量にも

影響されるので、

 

 

男性ホルモンの分泌があると

長生きできると言えるかも

しれません。

 

 

ハゲのメリットとデメリットとは?

 

薄毛の悩みの若ハゲも男性ホルモンが

影響していると言われています。

 

 

一般的には、性欲が強いと

男性ホルモンの分泌も多く、

ハゲやすいということは

よく耳にします。

 

 

そのため、男性ホルモンがしっかりと

分泌される人はハゲになるものの、

長生きできるといえます。

 

 

性欲の強さはハゲになるデメリットに

もなれば、長生きできるメリットにも

成り得るということです。

 

ハゲてる男性は性欲が強い?

 

ここで疑問です。

 

 

果たして、本当にハゲている男性は

性欲が強いのでしょうか?

 

 

男性ホルモンと言えば、筋肉質な

男性をイメージする人も多いと

思いますが、

 

 

マッチョな人でハゲもいれば、

フサフサの人もいます。

 

 

筋肉を作る上で、男性ホルモンは

欠かせないので、男性ホルモンが

多いということはわかります。

 

 

また、性欲に男性ホルモンも影響

しているので、性欲も強いと

言えそうです。

 

 

しかし、ハゲとの関連性は果たして

どこまであるのでしょうか。

 

 

射精と若ハゲは関係している?

 

性欲が強く、オナニーやセックスで

射精をたくさんしている男は

ハゲやすいということが

一般的に言われています。

 

 

オナニーやセックスで性的な興奮を

伴うことで男性ホルモンが多く分泌

されるので、

ハゲ易いと思われるのでしょう。

 

 

しかし、実際には射精の場合でハゲる

メカニズムには男性ホルモン以上に

亜鉛が影響しています。

 

 

若ハゲと亜鉛の関係とは?

 

亜鉛とは、希少ミネラルの1つで、

たんぱく質の形成にとても大きな

影響を与えます。

 

 

髪の70%はケラチンという

たんぱく質からできているため、

髪の生やすには亜鉛は欠かせない

栄養素です。

 

 

しかし、オナニーやセックスで

射精すると、

亜鉛が大量に放出されます。

 

 

亜鉛はセックスミネラルとも

呼ばれるほど、精力に影響しており、

男性では前立腺に最も多くあります。

 

 

オナニーやセックスで消費される亜鉛とは?

 

成人に必要な1日の亜鉛の量は

14㎎と言われています。

 

 

亜鉛を最も多く含む食品は牡蠣が

代表的です。

 

 

牡蠣を5個程度、毎日食べられる

環境では亜鉛不足に悩む心配は

ありません。

 

 

しかし、一般的に亜鉛は食事から

とりにくく、牡蠣を毎日食べられる

ひとも少ないです。

 

 

一回の射精で消費される亜鉛の量は

3~4㎎と言われています。

 

 

しかし、精液が多い人では7㎎

一回で消費される人もいるようです。

 

 

そのため、オナニーやセックスの

し過ぎはハゲになると言われている

のです。

 

 

若ハゲ=性欲が強いとは言えない

 

ハゲの研究では、ハゲと男性ホルモンの

関りは確かにあることがわかっています。

 

 

しかし、それは、ある条件が整うこと

でしか関係しません。

 

 

ハゲと男性ホルモンが多いことを

関連付けるもの、

それは5aリダクターゼという酵素です。

 

 

男性ホルモンが若ハゲに結び付くメカニズムとは?

 

男らしさを作り、性欲や筋肉を作るために

必要な男性ホルモンはテストステロンと

呼ばれています。

 

 

テストステロンの分泌が多いことで

性欲が強くなったり、筋肉が発達

しやすくなります。

 

 

そして、このテストステロンと

5aリダクターゼという酵素が

結び付くことで、

 

 

より強力な男性ホルモンである

DHT(ジヒドロテストステロン

というホルモンに変わります。

 

 

このジヒドロテストステロンこそが

若ハゲの主な原因となっています。

 

 

若ハゲの原因ジヒドロテストステロンとは?

 

ジヒドロテストステロンの役割には、

 

・頭髪の脱毛

・体毛の増加

・前立腺肥大

・皮脂の分泌でニキビが増える

 

4つの働きがあります。

 

 

5aリダクターゼがある環境で

テストステロンが多いと、

ジヒドロテストステロンの分泌も

多くなるうえに、

 

 

逆に、更年期でテストステロンの

分泌が減った時にも、

 

 

男性ホルモンを補う形で

ジヒドロテストステロンの

分泌が増えるといわれています。

 

 

若ハゲと遺伝は関係している?

 

ハゲ家系やハゲは遺伝すると言われて

いるように、ハゲは本当に遺伝するの

でしょうか?

 

 

その秘密は5aリダクターゼにあります。

 

 

テストステロンから

ジヒドロテストステロンをつくる

5aリダクターゼという酵素の量は、

遺伝に強く影響されます。

 

 

ハゲ家系ではこの5aリダクターゼが

遺伝的に多いため、親がハゲだと

子どももハゲになりやすいということです。

 

 

若ハゲの原因と正しい対策方法とは?

 

若ハゲの対策として、抜け毛の原因

である男性ホルモンを減らす方法も

あります。

 

 

しかし、これには危険な副作用を

伴うことがあるので、

リスクがあります。

 

 

そこで、若ハゲ対策で最も行われて

いる方法が、5aリダクターゼを抑制

することです。

 

 

5aリダクターゼを抑制することで、

たとえ、テストステロンが多く

分泌される人でも、

 

 

DHT(ジヒドロテストステロン)

の発生は起こらないので、

抜け毛の進行を止めることが出来ます。

 

 

若ハゲの原因と正しい対策方法に育毛剤とは?

 

若ハゲの原因に正しい対策をする方法

として、最も一般的なのが、

育毛剤や育毛サプリを使用することです。

 

 

育毛剤にはイクオスやチャップアップ、

フィンジアなど多くの育毛剤が開発

されています。

 

 

育毛剤や育毛サプリには、

抜け毛の原因である5aリダクターゼを

抑制する成分を配合し、

若ハゲを治す力を高めます。

 

 

さらに、頭皮の血行を良くすることや、

髪に必要な栄養が十分に配合され、

若ハゲの原因を元から対処してきます。

 

 

若ハゲ対策にはイクオス育毛剤がおすすめ

 

若ハゲの原因にしっかりと対策

してくれる育毛剤の中でも、

最もおすすめなのはイクオス育毛剤です。

 

 

チャップアップやフィンジアも

人気で有名ですが、

イクオス育毛剤は配合成分や

 

 

価格の面に加えて、

アフターサービスでも他の育毛剤

から頭一つリードしています。

 

 

若ハゲの対策にはイクオス育毛剤

おすすめします。