aga対策に新たな育毛医薬品デュタステリドとは?

辛すぎる若ハゲの対策として、

日本ではフィナステリドと

ミノキシジルという育毛医薬品

 

 

のみがこれまで国から公式に

認められていましたが、

2015年よりあらたに

 

 

デュタステリドという成分

が育毛医薬品として認められ

ました。

 

 

デュタステリドはもともと、

前立腺肥大の薬として

使われていましたし、

現在でも使われています。

 

 

ホルモンに働きかける薬の

ため、前立腺肥大の症状が

 

 

見られない人が使用すること

で副作用を伴う危険性が

あります。

 

 

新たに育毛医薬品として

認められたデュタステリドには

いったいどのような効果が

期待できるのでしょうか。

 

 

辛い若ハゲに効く?!デュタステリド衝撃の効果とは?

デュタステリドはagaの原因

である5aリダクターゼの働きを

抑える効果があります。

 

 

5aリダクターゼを抑える働きと

いうと聞いたことがありませんか?

 

 

そうです、これまで育毛医薬品と

して認められていたフィナステリド

と同様の効果です。

 

 

同じ効果なら何も新たに追加する

必要はないのではないでしょうか?

 

 

それでは、同じ効果があるにも

関わらず、デュタステリドが

新たに認められた理由を見て

いきましょう。

 

 

フィナステリドとデュタステリド

は大きく見れば同じ効果ですが、

 

 

agaの原因をさらに細かく見て

いくと2つに分けることが

できます。

 

 

知らないとマズイ?!agaの恐るべき2つの原因とは?

それは、5aリダクターゼには

2種類あり、Ⅰ型とⅡ型があると

いうことがわかってきました。

 

 

フィナステリドが主にⅠ型の

5aリダクターゼを抑える働きを

する一方で、

 

 

特に若ハゲに影響するのが

Ⅱ型の5aリダクターゼと

言われています。

 

 

そして、デュタステリドは

そのⅡ型5aリダクターゼを抑える

働きがフィナステリドの3倍以上

 

 

あると言われているため、

辛すぎる若ハゲのaga対策として

注目されています。

 

 

5aリダクターゼⅠ型とⅡ型で大きな違いとは?

5aリダクターゼのⅠ型とⅡ型には

どのような違いがあるので

しょうか。

 

 

Ⅰ型5aリダクターゼは主に側頭部

や後頭部の皮脂腺にたくさん

存在しています。

 

 

皮脂腺に多くいることで、

dhtが皮脂腺に働きかけ皮脂の

分泌が増え、「脂っぽい」印象を

与える原因にもなっています。

 

 

また、agaはおでこの後退や

頭頂部から薄くなっていくため、

側頭部や後頭部におおく存在

 

 

しているⅠ型5aリダクターゼは、

若ハゲには大きく関与していない

といわれています。

 

 

Ⅱ型5aリダクターゼは、頭の

前頭部と頭頂部の毛乳頭に

たくさん存在しています。

 

 

そのため、Ⅰ型よりもagaへ

大きく関与していると言われ

ています。

 

 

agaの真の対策Ⅱ型5aリダクターゼを抑えるとは?

毛乳頭は、髪の毛の成長に

直接かかわる部分なので、

dhtがそこに作用することで、

 

 

薄毛や抜け毛の若ハゲの

原因となっています。

 

 

また、5aリダクターゼは分布地の

違いだけでなく、その働きも

若干ことなります。

 

 

Ⅱ型5aリダクターゼの方が、

Ⅰ型よりも多くのdhtを作り出し

ています。

 

 

さらに、Ⅱ型5aリダクターゼの

方が強いdhtを作り出しています。

 

 

Ⅱ型はⅠ型に比べて量においても

質においてもagaの原因に強く

関係してると言えます。

 

 

デュタステリドの恐るべき副作用と耐性とは?

このように、辛すぎる若ハゲの

原因に効果の気体できる

デュタステリドですが、

 

 

フィナステリド同様に副作用も

伴います。

 

 

副作用についてはデュタステリド

が主成分のプロペシアを服用した

ときと同様の症状が現れるようです。

 

⇒知らないと危険!プロペシア驚愕の副作用とは?

 

 

また、薬には使い続けることで

カラダが慣れてきて、耐性

できるため効き目が落ちると

言われることがあります。

 

 

これは、カラダに備わっている

自然の力なのでどんな薬を

用いてもある程度は耐性が

ついてきます。

 

 

しかし、デュタステリドを

5年以上服用した研究結果が

いくつもあり、

 

 

デュタステリドに耐性ができて、

効果がなくなったということは

報告されていません。

 

 

デュタステリド効果と半減期とは?

また、薬の効果には半減期という

ものがあります。

 

 

半減期とは薬を飲んだあとに

その成分の血中濃度が、

もとにあった全体量の半分に

なる時間のことを指します。

 

 

この半減期はどの程度の時間、

成分がカラダの中にとどまり

効果を現すかなどの目安となる

 

 

ためデュタステリドだけ

でなくagaの対処薬を飲む上では

とても大切な指標です。

 

 

デュタステリドの半減期は

ほかの医薬品の半減期の時間と

比較すると長いとされており、

 

 

およそ1ヵ月間といわれています。

 

 

フィナステリド効果の半減期と危険性とは?

一方でフィナステリドの半減期は

デュタステリドよりもかなり早く

数時間~半日くらいのようです。

 

 

半減期が長いことには良い効果も

良くない効果もありますが、

 

 

半減期が長いことで副作用も

その分、続いていく確率も

上がってしまうとされています。

 

 

デュタステリドを服用の際には

過剰に飲んでしまうことで、

 

 

より副作用の危険性を高めて

しまうので気を付ける必要が

あります。

 

 

デュタステリドが主成分の医薬品とは?

agaに効果の気体できる

デュタステリドが主成分の

医薬品にはザガーロという薬が

あります。

 

 

ザガーロは個人輸入もできますが、

医師の診断のもと、処方して

もらうことが望ましいです。

 

 

価格については1ヵ月で8,200円

ほど費用としてかかってきます。

 

 

また、医師の診断料金を含めると、

1万数千円になります。

 

 

新たに育毛医薬品として認められた

デュタステリドは医師の診断の元、

副作用のリスクを理解したうえで

使用することをおすすめします。

 

 

辛すぎる若ハゲの原因と正しい対策方法とは?

育毛剤の効果が現れるのは

どんなに優れた育毛剤でも半年は

かかります。

 

 

それはヘアサイクルによる髪の

成長速度が関わっているからです。

 

 

そのため、辛すぎる若ハゲ

なんとかしたいと考えている

あなたには、

 

 

安心して使い続けられる育毛剤が

結果的には効果的です。

 

 

副作用の心配がなく、

また育毛効果高い医薬部外品の

育毛剤の使用をまずは

おすすめします。