なぜセックスは若ハゲの原因と言われない?

 

若ハゲの原因として、

ネットを調べていると、

 

 

「オナニーでハゲる」

「オナ禁は若ハゲ対策にいい」

 

 

というような記事を目にすることも

あります。

 

 

オナニーをすることで若ハゲの原因と

なることはよく言われていますが、

一方でセックスをすることが若ハゲの

原因といわれることはほとんどありません。

 

 

なぜオナニーは若ハゲの原因と言われ、

セックスは若ハゲの原因と言われないのでしょうか?

 

 

そもそもオナニーは若ハゲの原因なのか?

 

オナニーが若ハゲの原因になると

いわれている背景には、いくつか

理由があります。

 

 

1つは、オナニーすることで

男性ホルモンが増え、若ハゲは

男性ホルモンに影響しているので

 

 

オナニーを良くする人はハゲ易いと

いうものです。

 

 

また、反対に射精することで

男性ホルモンの一種であるテストステロン

が減少し、

 

 

これが抜け毛対策になるというものも

あります。

 

 

そのため、オナ禁が若ハゲ対策に

良いといわれているいる理由です。

 

 

男性ホルモンが多く分泌されるときとは?

 

オナニーやセックスが若ハゲの原因と

なるといわれている背景には、

男性ホルモンの増減があります。

 

 

確かに、男性ホルモンは若ハゲに

影響していますが、どんなときに

男性ホルモンは増加するのでしょうか。

 

 

例えば、

 

 

睡眠中

・筋トレ後

・達成感を味わったり勝負ごとに勝った時

 

 

などに多く分泌されるようです。

 

 

オナニーが若ハゲの原因となる理由とは?

 

オナニーや射精による男性ホルモンの

増減で若ハゲの原因となるということを

見てきましたが、

 

 

オナニーでハゲるという理由は

それだけではありません。

 

 

ホルモンの影響だけでなく射精することで、

身体からミネナルが放出されます。

 

 

精液の中には、髪の生成に必要な

希少ミネラルが多く含まれ、

特に亜鉛の影響は大きいです。

 

 

亜鉛は、精子を作り出す役割があり、

精液の中でも多くの量が入っています。

 

 

さらに髪の生成に亜鉛は不可欠なため、

オナニーによる亜鉛不足が若ハゲの

原因となりうるというものです。

 

 

オナニーが若ハゲの原因ならセックスでもハゲる?

 

これらを踏まえて、オナニーが

若ハゲの原因となるならば、

セックスも同様に若ハゲの原因と

言われてもよいものです。

 

 

オナニーでもセックスでも射精する

ことで、髪の生成に必要な亜鉛は

大量に放出されます。

 

 

さらに男性ホルモンで言えば、

オナニーよりセックスをしている時

の方が出るというので、

 

 

セックスはオナニー以上に若ハゲの

原因となっているのではないでしょうか?

 

 

セックスが若ハゲの原因と言われない理由とは?

 

それでは、なぜセックスが若ハゲの

原因と言われることが少ないので

しょうか?

 

 

それは、悲しいかなハゲは実際女性に

モテません…。

 

 

そのため、ハゲている人はそもそも

セックスの機会が少なく、

オナニー中心の生活になっている

イメージがあるのかもしれません。

 

 

これまで見てきた理由ではオナニーでも

セックスでも若ハゲの原因となります。

 

 

しかし、イメージとしては若ハゲの人は

セックスというより、オナニーをしている

とみられているだけなのかもしれません。

 

 

オナニーやセックスで男性ホルモンが増えるのはウソ?

 

男性ホルモンが若ハゲの原因に

影響していることは事実です。

 

 

しかし、男性ホルモンが多く

分泌されている人でもハゲて

いない人は大勢います。

 

 

オナニーやセックスをすると

男性ホルモンが増えるイメージが

ありますが、

 

 

実際には射精しても男性ホルモンが

増減することはないということが

分かっています。

 

 

一方、オナ禁後ではむしろ

男性ホルモンが増えるということも

分かりました。

 

 

オナ禁後の射精では男性ホルモンが増える?

 

若ハゲの原因として影響の大きい

男性ホルモンですが、通常のセックス

やオナニーでは大きく増減しないため、

 

 

オナニーやセックスで男性ホルモンが

増えて若ハゲになるというのは

間違いです。

 

 

反対に、若ハゲ対策にオナ禁が有効と

いうこともよく聞きますが、オナ禁は

 

 

むしろ若ハゲを進行させてしまう

恐れがあるため、若ハゲ対策に効果的とは

言えません。

 

 

 

毎日オナニーやセックスしても若ハゲに影響しない?

 

オナニーやセックスによる射精が

男性ホルモンに関係ないのならば、

毎日オナニーやセックスをしても

若ハゲには関係ないのでしょうか。

 

 

若ハゲの原因は男性ホルモンだけ

ではありません。

 

 

若ハゲの原因には髪の栄養という

こともあるので、オナニーやセックス

による射精のし過ぎは髪に必要な

 

 

亜鉛を中心とした栄養を大量に

放出してしまうことになるので、

 

 

オナニーやセックスのし過ぎは

若ハゲに十分影響します。

 

 

男性ホルモンだけでは若ハゲの原因とはならない?

 

男性ホルモンは確かに若ハゲに影響しますが、

実は男性ホルモンだけでは、

若ハゲは進行しません。

 

 

それは、男性ホルモンが多い性欲旺盛な人や

筋肉ムキムキのカラダの人でも全ての人が

ハゲではないことからもわかります。

 

 

若ハゲになる仕組みは男性ホルモンの

一種テストステロンが5aリダクターゼ

 

 

という酵素によってジヒドロテストステロン

(DHT)というより強力な男性ホルモンに

なることで起こります。

 

 

つまり、いくら男性ホルモンが多く分泌

されている人でも5aリダクターゼという

酵素が少なければ若ハゲにはならないのです。

 

 

テストステロンをDHTに変える5aリダクターゼとは?

 

テストステロンをより強力な

男性ホルモンであるジヒドロテストステロン

に変える5aリダクターゼの量は遺伝に

よってある程度決まっています。

 

 

そのため、ハゲは遺伝するといわれています。

 

 

つまり、若ハゲ対策には男性ホルモンを

どうするというよりも5aリダクターゼの

働きを抑えることが重要です。

 

 

遺伝的に5aリダクターゼの量が多い人は

親戚や家族を見ればある程度わかります。

 

 

5aリダクターゼを抑えるには、

育毛剤イクオスなどが代表的です。

 

 

セックスやオナニーをしてハゲる人の共通点

 

ここまで、セックスやオナニーによる

男性ホルモンの変化やそれが若ハゲに

どう影響するのかということを

見てきました。

 

 

さらに、セックスやオナニーによる若ハゲ

の原因もみてきました。

 

 

セックスやオナニーでハゲる人には

共通点があります。

 

 

それは、AGA(男性型脱毛症)を

発症している場合か、射精のし過ぎで

髪の栄養が足りないという場合です。

 

 

AGAはDHTが原因で起こるので、

5aリダクターゼの活動を抑制するため

育毛剤や育毛サプリで対策する必要が

あります。

 

 

さらに育毛剤や育毛サプリにはオナニーや

セックスで失われた、亜鉛などの髪の成長に

必要な栄養も豊富に含まれています。

 

 

 

セックスの機会がある人では若ハゲの原因が少なくなる

 

また、ホルモンや栄養だけでは

ないところで若ハゲ対策出来る方法も

あります。

 

 

セックスの機会がある人は、それだけで

自然と若ハゲ対策になっていると

いうものです。

 

 

セックスを普段からする機会のある人は

女性と接する機会も多いです。

 

 

そのため、身だしなみにも気を使い

日ごろからケアしていることが多いです。

 

 

一方、オナニー生活の人では相手に

気を使うことなく、射精するので、

 

 

髪の毛や頭皮の手入れなど見た目に

対して取り組む意識が低くなっている

ことがあるかもしれません。

 

 

この点でオナニーするとハゲ易くなる一方、

セックスではハゲ易いと言われない理由

かもしれません。

 

 

女性の若ハゲとセックスレスの関係

 

これまで、男性側からの視点で見てきました。

 

 

女性における若ハゲでは、オナニーと

セックスがどのように影響している

のでしょうか?

 

 

ハゲは中年のオヤジというイメージが

強いですが、10代や20代の男でも

若ハゲになる人がいる一方、

女性でもハゲに悩む人は多いです。

 

 

特にせックスレスの女性ではその傾向が

強いといいますが、女性のせックスレスと

若ハゲの関係はどのような関係なのでしょうか。

 

 

セックスと女性の若ハゲの関係

 

セックスは男性では、射精を伴う

性欲解消方法としてのイメージが強いですが、

女性のセックスの捉え方は男性とは

少し異なります。

 

 

単なる子づくりでもなければ、

男性のように射精して性欲解消の

方法だけでもありません。

 

 

女性にとってセックスとはパートナーに

自分が認められているという承認欲求を

満たすものでもあります。

 

 

そのため、女性のセックスはカラダだけの

関係ではなく気持ちがなければセックス

しないという行動に現れます。

 

 

オナニーやセックスで女性ホルモンが高まる

 

女性はセックスすることで女性ホルモン

の一種であるエストロゲンが増えます。

 

 

エストロゲンは肌ツヤを良くしたり、

胸を大きくしたり、もちろん髪の成長

にも大きく関わっており、

 

 

ハリツヤのある太く美しい髪を作ることにも

影響しています。

 

 

そのため、更年期やセックスレス

女性ではエストロゲンが十分に分泌されず、

薄毛の原因にもなっているのです。

 

 

エストロゲンはセックスではもちろん、

オナニーでも分泌されるので、

女性らしさと美しい髪を保つためにも

 

 

オナニーやセックスは良い影響を

与えてくれます。

 

 

セックスレスでもエストロゲンを増やす方法とは?

 

せックスレスでもオナニーをすることで

エストロゲンを分泌させることはできます。

 

 

セックスができればもちろんそれに

越したことはないですが、

現実的にはセックスレスで悩んでいる

女性は大勢います。

 

 

また、育毛サプリにはイソフラボン

という成分が含まれているものもあります。

 

 

イソフラボンはエストロゲンと

非常に良く似た働きをすることが

分かっています。

 

 

そのため、女性らしさを作る上でも、

また、髪を太く美しく成長させるためにも、

育毛サプリからイソフラボンを十分に

摂ることで女性らしさを作っていきましょう。

 

 

オナニーやセックスでハゲるまとめ

 

男性の場合、オナニーやセックスでの

男性ホルモンの増減により若ハゲへ

影響するというよりも、

 

 

AGAや射精による髪の栄養放出から

若ハゲになることが分かりました。

 

 

また、女性では、オナニーやセックスに

より女性ホルモンが増加するため、

女性らしいカラダ作りや髪が太く美しく

なることが分かりました。

 

 

男性では、AGAに対して5aリダクターゼ

の抑制と射精で放出された髪の影響補給に、

また、女性でも女性ホルモンに似た働きを

 

 

するイソフラボンを十分に補給するために、

育毛剤イクオスとイクオスサプリを使用して

みるのはいかがでしょうか。